商業施設ブログ

「商業施設ブログ」検索 読者登録してね

東京ミッドタウン八重洲

東京都中央区にある東京ミッドタウン八重洲

2022年9月17日に地下1階17店舗と一部のバスターミナルが先行開業、そのうちのひとつに、スターバックスコーヒー東京ミッドタウン八重洲店。

驚きました。スタバのカウンター席かと思いきや、この先にガラス仕切りとかないんですよ。これがひとつのテーマになっています。例えば、上層階のオフィスは、初の完全タッチレスオフィスということで、出入りはカードではなく顔認証、エレベーターとかのボタンは?空中タッチディスプレイの世界、さらに全自動ドア化、ドアノブがない?。とにかくコロナのせいか、触れるものはないらしい。壁があるようでないというもの、だけどある、そんな一流の世界。

東京駅からみる次世代八重洲口。

下層階1階から4階が東京駅前でなんと、公立の区立城東小学校だからすごい時代です。屋上には、児童がつかう水田や菜園。普通の頭なら、東京の駅前の一等地だから学校なんか、どっか遠くへということになる。災害時は避難所にするのが三井不動産の狙いなのか?。さらに、地下はなんと高速バスターミナル。

昼間は千葉県の画像がみえます。チケット売場。わりと小型化?。

木更津のイオン行きのバスもあるよ。これまで千葉方面のバスは、東京駅の周辺のあちらこちらに点在していて、雨風しのいで寒い日もバス停でならんでいましたが、あたたかい地下の空間ですごせるようになりました。

驚きました。君津駅行きの京成バス。地下にバス停がある時代。排気ガスとか防音がすごい。なにより明るい。バスもなんか輝いてみえるね。夜は、パンダ号など夜行バスもこちらになってます。パンダ号は青森です。

到着もこちら。実はこれで終わりではなく、現在は鍛治橋駐車場という離れみたいな場所にある夜行バスが中心のバスターミナルが、こちらにやってきます。鍛治橋は格安夜行バスとか多いんですが、根こそぎ移転することでバスタ新宿を抜き日本最大のバスターミナルになるらしい。噂では、現在青空バス停になっている丸の内側にあるはとバスも?。もっとにぎやかになるね。

鍛治橋バスターミナルは東京駅から離れていて、暗い夜道を歩く感じで場所がわかりにくく、ようやく令和の時代になってそれらの問題が解決しそうです。

グランドオープンは、2023年3月10日、あの震災メモリアルデーの前日という日程。

一気に全館オープンというより、先行オープンという形で、今風といえば、今風。

セブンイレブンに、スタバにシティーベーカリーと大人気店が勢ぞろい。根室花まるという人気の寿司屋さんは、立ち食いカウンター店でした。あとは、時間帯とかあるんでしょうが、ポーたまという店だけ行列できていた印象でしたが、行列している店があったというのも、さすが東京八重洲口です。

ウエルシア。東京駅前八重洲口にできました。イオングループのお店。東京駅でなにかドラッグストア系でほしいものがあったら、ここにいきましょう。

東京ナイトクルーズとあります。夜がテーマになっているようです。なにかと作業員の朝はどうしても早いんですが、東京の夜の魅力を伝えていました。

東京ミッドタウン八重洲からみる東京駅。コロナの影響か、最新のタッチレスな東京駅前の高層オフィスビル。40階~45階はブルガリホテル東京という日本初のホテルもはいるらしいです。近隣で、多様な人々を引き付ける灯りとして三菱集大成といわれるトーチタワーが建設中という時代で、三井系のミッドタウンが八重洲にできたような、そんな次世代のビルかと。

youtu.be

東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲