商業施設ブログ

「商業施設ブログ」検索 読者登録してね

イオンスタイルライカム イオンモール沖縄ライカム

沖縄県北中城村にあるイオンモール沖縄ライカム。

ドン・キホーテか、水量は100トンを超え、水族館を除く商業施設内の水槽としては、日本最大の水槽にいるお魚。

右あたりは反射しているのではなく、水槽の中にエレベーターが着地するような仕掛けになっています。

ハロウィン、イオンモールバージョン。反射しているのではなく、水槽の中にお化けがいます。

そんなリゾートショッピングとは?。

沖縄美ら島財団による海中世界。

こちらの水槽、沖縄の海とあります。なぜエメラルドグリーンに輝いているのかという説明です。大日本帝国は歴史のなかで勉強しますが、なぜエメラルドグリーンの海なのかということは学校で勉強いたしません。

イオンモール沖縄ライカムは、島でも、このように高い位置にあります。

2015年に開業しています。

サンエーパルコシティの影響かわからないが、増床をして沖縄最大のショッピングモールとなったエリア。

バスやタクシーはこのような正面ゲートにはいってくるようになっています。

入口にあるシーサー。読谷村の陶芸家による由緒あるものでした。

歴史的な場所にもなっているようで、集落跡地とあります。在日アメリカ軍の専用ゴルフ場があった場所、ライカムとは琉球アメリカ軍司令部の略という意味もあり、地元民によるとライカムはここらしい。

スタバ、沖縄バージョン。

イオンモール沖縄ライカムには、スタバはひとつあります。

喫食。

位置関係。左側は大半はアメリカ軍の敷地になっていることがわかります。

別棟の入口側にあります。

フォトスポットシーサーとスタバ側の入口にも説明があります。正面ゲートだけではなく、シーサーがいる入口になっています。

タクシーだと高速で6000円くらいかかりましたので、高速バスがおすすめです。ツーリストインフォメーションでチケット引換できます。

沖縄半島の海から離れた場所にあるような地図でしたが、実は高いところにあるので、太平洋側の海がみえます。

夜は、港湾な夜景になるでしょう。

チャイハネとかのブランドと同じアメツチテラス、運営はアミナコレクションという会社。全国的にあり、伊勢や京都寺町にもあったりします。

いわゆるアジアンな雑貨店です。最新の2022年11月8日オープンのららぽーと堺にもチャイハネで出店しています。

ネーミングライツ

開業前のイメージ。リゾートモールとあります。

夜のイオンモール沖縄ライカム。敷地面積17万5千平米、延床面積16万平米、商業施設面積8万6千平米、駐車台数4000台、イオンスタイルライカムと240の専門店。さて、そうこうしているうちに、全国知事会では、残念ながら第8波の入口にはいったとのこと。年末年始は自粛再来となる可能性もでてきました。

youtu.be

沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1番地 イオンモール沖縄ライカム イオンスタイルライカ